Verba volant, scripta manent

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます
新年あけましておめでとうございます。
2017年がみなさまにとって実り多い1年でありますように!

思えば2016年も何もできずに終わったんですよ……ホントに。
最後の3か月なんてユーリ!!!on ICEにハマりすぎてほぼ記憶なかった。
いや、めっちゃ楽しかったですけど。おかげで世界輝いてたけど。
あれですからね、年越しも19時からずっとAbemaTVでユーリ!!!の一挙放送見てて「やばい……何回見ても最終話やばい……むり……尊い……」ってソバ食いながら一人で悶えてたら日付変わってましたからね。

まあ2016年はつまらないことに囚われて、非常にお金と時間を無駄にして心をすり減らした1年だったので、今年はもっと楽しい1年にしたいです。
色々と吹っ切れたものもありますし。
人生は一度きりなので楽しまないと損なのです。

何をするにも一番大事なのは心というか、気持ちですよね。
やっぱり好きでもないものに私の人生は捧げられないなと思います。
というわけで2017年は好きなことに全力でお金と時間と情熱をぶっこんでいきたいと思います。
スポンサーサイト

タイトルとかはまだ決めてませんが
3年くらい前、新人賞に投稿して落選した小説があって、その当時「落選したけどこんな設定も考えてたんだよ」と友人に話したところ、「いつか形にして読ませてほしい」と言われていました。
それを3年前から実はこっそり書き始めてたんですけど、受賞してからすっかりほったらかしだったんですよね。
いつかちゃんと仕上げたいと思って、たまにファイルを開いてたんですが、全然進まなくて、今に至ります。
で、一念発起して書き上げようと思いました。
でも、普通に書いててもたぶんまた途中で投げるので、ここでこっそり公開していくことにします。
これなら途中で「やーめた」って出来ないもんね!……出来ないよね?大丈夫だよね、私?
そんなわけで頑張ります。
最初の方とかホントに3年前に書いた文章なのですごいアレかもしれないですけど。
あと、誰のチェックも入ってないので残念クオリティですけど。

ただ、本編(落選した小説)を読んでないとまったく意味が分からない可能性があるので事前に登場人物について軽く説明しておきます。

○マーガレット
本編のヒロインですが、たぶんこの話には出てきません。でも出てくるかもしれないので説明すると、村の災厄を鎮めるための「伯爵様」の生贄を口実に捨てられた女の子です。その「伯爵様」であるメルヴィンに拾われて、以降彼の屋敷で暮らしています。

○メルヴィン
本編のヒーローです。見た目20代前半、実年齢は900歳超えの不老不死の吸血鬼です。霧や狼に姿を変えれたり、魔眼を持っていたり、変幻自在の神出鬼没、怪力無双のわりとチートな人。人間だった頃は支配階級の一族の長男で、奴隷の少女と恋に落ちて駆け落ちしますが、露見して連れ戻されて、彼女は殺されてしまいます。彼女を殺した人間への復讐のために吸血鬼になり力を手に入れて、故郷を消し炭にしました。それ以降、自由気ままに生きています。色々あって、本編ではメルヴィン・グレン・エインズワースを名乗る伯爵になっています。

この話はメルヴィン視点の、本編より500年くらい前のお話です。
お付き合いしてくださる方は追記からどうぞ。


ズートピア見に行きたい
お久しぶりです。
久しぶり過ぎてログインパスワード忘れるところでした。
最後の更新は去年の12月だったんですね。
もう夏が来ようとしているというのに……。

私は相変わらずの毎日です。
変わったことといえば、長年の信念を曲げて、ついにクレジットカードを作りました。
自慢じゃないけど私めちゃくちゃ薄給で、審査通らなかったらどうしようかと思ってたんですけど、無事に発行してもらえました。
これでようやくまともな社会人になれた気がします。
社会人何年目だよ、って話なんですけど。

近頃ストレスなのか、身体に謎の発疹はできるし、胸がすごい痛くて苦しくなるし、お腹は下すし、すこぶる絶不調です。
「言いたいことは言った方がいいよ」って周りの人に言われるんですけど、それが言える性格ならそもそもこんな人生送ってないんですよね。
でも最近、みんなに好かれようとするのはやっぱり無理なんだなと思ってきました。
最終的には誰かと喧嘩しなくちゃ現状は打破できないのかな、と。
黙っているのは別に納得しているわけじゃないんですよ。
でも、社会ではやっぱり沈黙は納得と受け取られるのかなあ。
私一人が我慢して、それですべてうまくいくならそれでいいし、自分が悪くなくても、私が謝ってそれでその場が丸く収まるならそれでいいと思って生きてきたんですけどね。

とまあ、何やら暗い話をしてしまいましたが、それなりに毎日生きています。
うん、とりあえずあれだ、ズートピア見に行きたい。
友人が「めっちゃよかった」って言ってたんですよ。
24歳新米警察官のウサギちゃんと三十路のイケメン詐欺師キツネさんのコンビって!
本来捕食者と被捕食者じゃないですか。警官と詐欺師って正反対じゃないですか。
それがコンビって、最高かよ!
ああ、もふもふに癒されたい。
そう思いながら今日も「膝丸超かわいい」って独りごちてます。

……あれ?私全然元気だわ。

願はくは花の下にて春死なむ
そのきさらぎの望月のころ

どうもお久しぶりです。
生きてました(それしか言うこと無いのか)。
気がつけば1年が終わろうとしているので、今年の総括をばと思いまして。

……まあ、何も言うこと無いんですけどね!

自分でも今年1年がこんなに実りのない年になるとは思いませんでした、色んな意味で。
今年やったことと言えばあれだ、審神者になったことくらいだ(クソしょうもない)。
おかしいな、こんなはずでは……?
本当今年はもうやること為すこと裏目に出るわ、何一つ思い通りに事が進まないわ、先送りにしていた(まあそれは私が悪いんですけど)問題が一気に降りかかってくるわ、「あれ?私今年厄年だったっけ?」レベルの大惨事でした、私的に。
あくまで私基準なので、他人様からすればしょうもないことかもしれないですが、波瀾万丈ですよ。
このまま1年が終わるなんてあまりに惨い……!(血涙)
あとの6日間に奇跡が起こることを期待するしかないですね。

そんなこんなで気がつけばもう年末。
みなさまの仕事終わりはいつですか?
ちなみに私は12月31日です。
みなさまの仕事始めはいつですか?
ちなみに私は1月1日です。

……ちくしょう、転職してえ……。

サンタさん、私今年結構頑張りましたよ?
ちょっとくらいプレゼントしてくれてもよくないです?
家の庭から石油が出るとかさ。

そんな1年でした。
それでもまあ、いいことが全くなかったわけではないので、そういう小さな幸せを見過ごさないように生きていけたらなあと思います。
大きな幸せだけを掴もうとして、掌に乗せられる小さな幸せを取りこぼすのは、とてももったいないと思うから。

本年は大変お世話になり、本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
みなさま、よいお年をお過ごしくださいませ。

女子力とは
卵割り入れて熱湯入れて3分待つだけのチキンラーメンさえうまく作れない、そんな女子力皆無の中咲です。
というか、ここまで来ると、女子力とかではなく、生活力の問題な気がしますね。
でも高校時代はそんなことはなかったんですよ。
「チーズケーキ食べたいな……。そうだ、作ろう!」って作ってたくらいの人間なんですよ?
今では「チーズケーキ食べたいな……でも買いに行くのめんどくさいからいいや」、もしくは「誰か買ってきてくれないかなー」と他力本願甚だしい人間に成長しました。

そういえば先日、階段から落ちました。
運悪くその日お酒飲んでたもので、「これだから酔っ払いは……」と言われましたが、私は断じて酔ってなどいませんでした。
酔っ払いほど「酔ってない」と言うものですが、本当に酔ってません!断じて!
私本気で酔ったらゲロ吐きますからね(汚い)!
洗面器抱えてヒィヒィ言ってる私に、「二十歳になったばっかりの子ならともかく、あんたええ年やねんからいい加減にしときよ」と冷たい目で言った母の言葉は胸に突き刺さりましたね、ええ。
大体こんなこと言ってるから女子力皆無なんですよ。ゲロとか言ってる場合じゃないですよ、「うっかりさんの落とし物」とか可愛い言葉に言い換えるべきですね。
どの辺が可愛いのか自分で言ってて理解不能ですが。

よく「見た目とのギャップがある」と言われます。
二次元ならギャップ萌えという可能性が残されているんですが、三次元、というか私の場合、残されているのは絶望だけです。
何かねえ、ボーっとしててほわほわしてる感じに見えるらしいんですよ。
でも中身おっさんですからね。
まあ実際ボーっとしてるのは間違いないんですけど。中学の時体育の先生に「どんくさ子」って言われてましたからね。
……あれ?今から考えると酷くね?
いや、本当私、絶望的に体育が苦手で、体育がある日は「死にたい」と思って登校してましたからね。
しかし私は全国の体育ができない子どもたちに伝えたい。
足が遅くても、跳び箱跳べなくても、逆上がりできなくても、一輪車乗れなくても、25m泳げなくても、社会に出て働くのになんの支障もない!
情けない思いをするのは今だけです。十何年か後には酒の肴になります。
その時はまるでそれが世界のすべてのような気がするんです。でも振り返ってみれば、そんなのは些細なことなんですよ。

話が逸れました。
何の話かと言えば、まあお酒は美味しいですよねって話です(違う)。
酒は飲めども飲まれるな。
しかし酒に飲まれて忘れられるなら、それはそれで幸せなのかもしれませんが。
Copyright © いつかの夢のお話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。